わたらせ渓谷鐵道TOPページへ

足尾鉄道100年(足尾線〜わたらせ渓谷鐵道へ)

わたらせ渓谷鐵道の前身である足尾鉄道は、足尾銅山の貨物輸送を目的として1911(明治44)年4月15日に下新田〜大間々間で開業しました。その後、神土(現・神戸)まで、沢入まで、足尾までと部分開業を重ね、1914(大正3)年8月26日に足尾本山まで全通しました。最初に開業した下新田〜大間々間が、まもなく2011(平成23)年4月15日に開業100年目を迎えるのを皮切りに、2014(平成26)年8月26日まで開業100年目ラッシュが続きます。
足尾鉄道〜国鉄〜JR〜わたらせ渓谷鐵道と続いた鉄路は、貨物輸送から観光客輸送へと形を変えながら、今なお輝き続けています。
下新田*1〜大間々
 1911(明治44)年4月15日開業 2011(平成23)年4月15日で開業100年目
大間々〜神土
 1912(大正元)年9月5日開業 2012(平成24)年9月5日で開業100年目
神土〜沢入
 1912(大正元)年11月11日開業 2012(平成24)年11月11日で開業100年目
沢入〜足尾
 1912(大正元)年12月31日開業 2012(平成24)年12月31日で開業100年目
足尾〜足尾本山*2
 1914(大正3)年8月26日開業 2014(平成26)年8月26日で開業100年目

※1918(大正7)年6月1日 足尾鉄道は国有化(買収)され、全線国鉄足尾線となる。
*1 桐生〜下新田間は国鉄両毛線
*2 足尾本山駅は貨物専用駅で、昭和62年3月31日に廃止
   
 
詳しくはこちら(PDFファイル)。
 
お問合せ先
わたらせ渓谷鐵道株式会社
〒376-0101
群馬県みどり市大間々町大間々1603-1
TEL:0277-73-2110
FAX:0277-73-3121